スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
一年が…
2012 / 03 / 13 ( Tue )
一年経ち 雪降る寒い鎮魂の日となった
これからも鎮魂の思いは 止むことは無く…

被災された方々の悲しみ 我慢 苦しみに涙はしても
途方もない悲しみは 想像を超え 瞼を閉じるしかない

ほんとに被災に遭われた方々には 止まった時間
時が癒す…なんてことは きっと有り得ないだろう
安易に頑張ってとも言えない
復興にはまだ ほど遠いカケラとなった家々の山…
見た目に片付けられた地はあっても 復興の兆しではない
 
前を向こうとする気持ちを持たなくてはと思っても
あまりにもむごい災害の時に対しては 本当に止まったまま…
それでも生きていかねばならない
今だ 生きていることの後ろめたさ 変わり身になりたかった思いを聞くと胸が痛むばかり…

論議の余地無く 国や地方は 早急に 最優先して 被災した方々に援助の手を指しのべて欲しい…

今だ世界から募金が届き 日本を思ってくれる厚い気持ちの人達がたくさんいるというのに
募金他助成金の配分 どうのこうのなんて 言っている場合じゃない…

私達に出来る最低限のことは 何かとも思うけれど 決して忘れること無く
何十年も紡いで来た時間を一瞬にして もぎ取られた悲惨な時を
ずっとずっと心止めながら 行かなくてはいけないと思う

人は災害に無力だけれど 繋がって行ける気持ちはあるはずと信じ これからの復興をただ祈る思い

福島の小学生の子供達が自分達で作った歌
…人は優しい
人はあったかい
人は泣くけれど
人は強い…
子供達の希望の心に大人はまた力を貰うのかもしれない
スポンサーサイト
23 : 10 : 07 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ピリオド… | ホーム | 青!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yokkolira.blog62.fc2.com/tb.php/499-01e1c4d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。