スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
「無期」破棄・・
2006 / 06 / 21 ( Wed )
最高裁で「死刑回避の理由ない」ということで差し戻し・・
当然のことと思う まだはっきり下ったわけではないが
明らかに弁護の余地の無いことに どうして判決が出るのに日本ではこんなに時間がかかるのか
その時の長さの中で木村洋さんは冷静に確かなそれでもしっかり闘う強い気持ちになられていった
その姿があまりにも凛としていて 社会に与えた影響は大だった
加害者の父と言えば 今になって・・
自分の息子が改心して生きてる限り懺悔したい・・と言っているのだから もっとその気持ちに目を向けてやってほしい・・
事件後も反省している姿は無く 自分が死刑目前になって そんな言葉
誰がまともに聞けるだろう・・
せいぜい弁護士に言わされているくらいのことかもしれない
自分の息子は死刑で殺される・・と父は言う
は?じゃ息子が殺した何の罪も無い母子のその事実は一体どうなる?
事件直後に懺悔したところで許されるはずもない殺人・・
この父にありか・・何だか悲し過ぎる親子関係が想像された
木村洋さんの今穏やかな中にどれだけのお辛く その中ご自身も知識を得
ものすごく愛していた家族のために自分はこれからも生きていく・・という姿勢が何とも熱いものが・・


スポンサーサイト
14 : 18 : 56 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<夏至☆ | ホーム | 初もの・・>>
コメント
--管理人のみ閲覧できます--

このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: * 2006/06/21 16:48 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yokkolira.blog62.fc2.com/tb.php/50-f82e91c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。